フィリピン留学といえば人気&有名なセブ!一体どんなところ?

どうも、Norikoです!

このブログを読んでくださっている方は、みなさん英語を伸ばしたいと思っている方ではないでしょうか?

2019年の夏にフィリピンのバギオで留学をし、バギオ・クラーク・マニラ・セブの4都市の学校を見学してきました。

ワーホリ(ワーキングホリデー)に行く前にフィリピン留学を勧められる方も多いかと思いますが、フィリピンと言ったらセブでしょう?という方が多いんじゃないかなと思います。わたしも留学業界で働くまでセブとマニラ以外の都市を知りませんでした。

そこで、各都市の紹介第1弾はセブを取り上げていきます!
 
 

セブ概要🌴

リゾート地でも有名なセブは、東京・大阪・名古屋から直行便の飛行機が出ています。セブ本島の中心地はフィリピンで有名なモール、アヤラモールやSMモールなどの大型複合施設もたくさんあり、フィリピン第2の都市。近年はITパークと呼ばれる、アメリカや日本の大手企業もオフィスを構えるエリアに高層ビルが立ち並び、更にどんどん発展していっています。
 
 

セブ島の位置

セブ島はマニラから直行便で1時間半かからないほどの距離、南東に位置します。

セブ島のあるビサヤ諸島はパラワン島、ボホール島、パナイ島、サマール島など複数の島から構成されており、観光で有名なところもたくさんありますよ😄

セブ島の中でもセブ本島・マクタン島と2つに分かれており、こちらは橋がいくつもあるため車やバイクで移動が可能。マクタン島は空港がある場所です。

 

セブ本島の紹介

セブ本島の中心地はピンクの丸に囲まれたあたり。マクタン島(青い★がついているところ)にも最近語学学校が増えてきましたが、セブ本島の中心地に語学学校が集まっています。

上記でもふれたセブ本島内に位置するITパークですが、24時間基本的に明かりがついており24時間体制で警備されているため、初めての海外の方はこちらのエリアにある学校もおすすめです。
 

セブ島の安全性

フィリピン留学をされる方の中には、初めて海外に行かれる方も多いのですが、セブは先日犯罪率に関する世界的データベース「Numbeo Safety Index 2019」より発表された東南アジアで最も安全な都市トップ10位に選ばれました。

もちろん日本とは違いますので、iPhoneや携帯電話を机の上に置いたままどこかへ行ったり、夜道を1人で歩いたりはしないように細心の注意は払ってくださいね。
 
 

セブの学校🌴

セブには語学学校が200ほどあると言われるほど多くの学校が点在しています。
世界一周をしたいのでまずは英語環境にふれたい・旅仲間がほしい、アクティビティも楽しみつつ英語を学びたい、海が好きなので海の近くで勉強したい、がっつり英語を習得したい、などなど…みなさんの目的やタイプに合わせて学校をご紹介させてください。

 
 

セブのアクティビティ🌴

セブの良さはなんといってもアクティビティの豊富さ。書ききれないほどたくさんありますが、ここでは人気のTOP3をご紹介します。
 

オスロブ島

なんと言っても有名なのはジンベイザメと泳げるオスロブ島!こちらはセブ中心地からは3時間ほどバスでかかりますが、この感動は一度は味わってみたいものですよね…!学校でアクティビティを設けているところもありますし、ツアーもたくさんありますので、ぜひ体験してみてください。

 

カワサンフォール

こちらもセブ中心地からはバスで3時間強ほどの場所で、オスロブ島とセットで行かれる方が多いです。セブ最大の滝壺と言われている観光名所で、世界の美しい滝100選にも選ばれたことがあるほどの美しいエメラルドグリーンの滝。勇気がある方は飛び込みもできますよ…!(安全には十分に注意してください)

 

ジップライン


セブで楽しめるジップラインの長さは最長800メートル!もう意味がわかりません。
こちらはセブ中心地から1時間ほどの場所なので比較的行きやすいんです。また、自然に囲まれたアスレチックで一日中遊ぶことが出来ます。

留学・ワーホリ相談 / 英会話レッスン相談 /
カウンセリング予約 / 体験レッスン予約
はこちらから
Contact
お問い合わせ
ご予約・ご相談はLINEまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
留学プランナー、英語講師よりお返事いたします。今悩んでることや質問も気軽にご相談くださいね◎

\ 手軽でおすすめ /

LINE ID:@creativeenglish

お問い合わせフォームから予約・相談する