【YUMECAMP体験談】リゾートではない!セブで体感した本当の貧困、幸せとは

広島の大学生、Mariです!

ハワイでの5ヶ月間の留学経験があります。旅を通して違う価値観や新たな出会いを得るのが大好きでお金を貯めては旅に出ています!

現地の学校訪問やスラムでのボランティアなど、個人の旅行や普段の観光では経験できないことと、自分たちで0から1を造ること魅力を感じて参加しました。

 

 

 

フィリピンセブ島って?

突然ですがみなさん、セブにはどんなイメージがありますか?

私の場合は完全にリゾートでした。

しかし現地の学校訪問やスラムでのボランティアを通してセブの貧富の差を目の当たりにしました。

高級ホテルやショッピングモールがあるかと思いきや、すぐそこの路地を進むとそこはスラム街。貧困はすぐそこにあるのです。彼らは嫌でも貧富の差を感じざるを得ません。

セブと日本とでは生活水準がさらに大きく違います。セブの街は決して清潔とは言えませんし、すべての子供たちが学校に通えるわけではなく、住むところさえない子たちも大勢います。

 

 

 

現地校訪問

今回はBenedict Collegeという幼児教育から大学までが整っている学校を2日間訪問しました。学生が校内を案内してくれましたが、みんなとってもウェルカム!

 

現地の授業体験

1日目は3クラスに分かれてシニアハイスクールの授業を受けました。

彼らに自己紹介をするときも、「なんで私たちにそんなに喜んでくれるの?!」というくらい大盛り上がりなんです。そしてみんなと言っていいほど目が合うと嬉しそうに笑って手を振ってくれます。

 

日本語&日本文化の授業

2日目は彼らに日本語と日本文化の授業をしました。やはり何をやっても盛り上がってくれます!

英語力も進行も至らない点はあったと思いますが、彼らに楽しんでもらうことだけを考えて、やりきりました!

 

Farewell Party

2日目の最後はFarewell Party(お別れ会)。歌やダンス、身体を使ったアクティビティで盛り上げてくれました。

そして私たちユメキャンチームからは「Paprika」のダンスを披露。二日間死ぬ気で練習しました(笑)一緒になって踊って楽しんで最高の瞬間でした!

そして私たち一人ひとりから彼らに向けてスピーチ。台本も用意してませんし、英語も完璧ではありません。しかし、みんな彼らに対する想いは熱く、言葉はすらすらと出てきていました。

やはり英語は誰かと繋がるためのツールであり、想いや考えが欠かせないと実感しました。

歓迎からお別れの瞬間まで最高のおもてなしをしてくれました。

私は3年間接客業でアルバイトをしてきましたが、改めておもてなしとは何だろうと考えさせられました。相手の気持ちを考えることはもちろん大切ですが、相手を本当に喜ばせたいのなら、どう思われるかなど考えずにやってみればいいんです。

「初対面なのにどうしてここまで優しくしてくれるの?」と聞くと、「友達なんだからおもてなしをするのは当たり前でしょ?」と。お金や地位のためではなく、本当に大切にすべき人を大切にしなければいけないと彼らは教えてくれました。  

 

 

 

ボランティア

5日目はスラムでのボランティア。現地で活動するNGO団体の「誰でもヒーロー」さんのお話を聞いて価値観がガラリと変わりました。

日本人は辛い時には共感し悲しみに寄り添う。しかしそれはさらに大きな悲しみを呼びかねません。フィリピン人は辛いときこそ笑うのだそうです。大切な人を失ったとしても生きていてくれた大切な人のために笑うのが彼らの考え方。過去は変えられないから、今と未来を見て明るく生きる彼らの生き方に心を打たれました。

その後スラムで暮らす子供たちの元へ。誰でもヒーローさんのお話では、彼らには教育が足りておらず新しい価値観に触れさせてほしいとのことでした。

そこで私たちが考えた活動は、日本の折り紙に絵を書いて紙飛行機にして飛ばす、日本の遊びである「だるまさんが転んだ」をして遊ぶ、お菓子を食べる前に石鹸で手を洗う、貰ったら『ありがとう』と言うということです。

 

非常に貧しく、いつ命を落としてもおかしくないような環境でも子供たちは幸せそうでした。とっても純粋な笑顔で元気に駆け回っています。

日本で豊かな暮らしをしている私たちですが、小さなことで悩んで自分に価値がないなどと思うこともあります。しかし、家族や友人がいて、仕事があって、住むところや食べるものがある。この状況でまだ自分は幸せではないと言えるのでしょうか。

YUMECAMPでたくさんの人と出会い、様々な環境を目にして貧困や幸せについて考える機会が多々ありました。英語を通して得た新しい考え方や違った価値観、知識をより多くの人にシェアできたらなと思います。

 

そして、メンバーを始めセブで出会った人たちとの出会いには感謝しています。彼らの姿には刺激をもらいましたし、改めて自分自身と向き合うことができました。これからもすべての出会いやチャンスを逃さずに挑戦し続けて、セブの人たちに負けないくらい笑顔で生きていきます!

 

ユメキャン3150!!!

 

Recommend

こちらの記事もおすすめ

留学・ワーホリ相談 / 英会話レッスン相談 /
カウンセリング予約 / 体験レッスン予約
はこちらから
Contact
お問い合わせ
ご予約・ご相談はLINEまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
留学プランナー、英語講師よりお返事いたします。今悩んでることや質問も気軽にご相談くださいね◎

\ 手軽でおすすめ /

ボタンから友達追加できない場合は
ID検索をしてください

LINE ID:@creativeenglish

お問い合わせフォームから予約・相談する