大学生の初めてのYUME CAMP体験談【セブ島短期留学】

  

英語留学から観光まで詰まったCreative Englishオリジナルのセブツアー「YUME CAMP in CEBU」。
語学学校への英語留学、現地学校の授業参加、貧困層の子供たちとの音楽プログラムなど、現地の人々との交流をたくさん盛り込んだ7日間でセブを知り尽くすことができます。
初開催となった2019年9月のYUME CAMPに参加してくださった皆さんの体験談をご紹介します。

 

初めまして、第1回YUME CAMPに参加した現在大学生のRioです。

 

生まれも育ちも宮崎で、現在宮崎にある大学に通ってる学生です!

授業で学んだ先進国と発展途上国の違いを自分の目で見たい!と思ってこのプロジェクトに参加しました。
ちなみに留学経験ゼロです。英語はあんまり話せません。たまに日常会話通じるかな、くらいです。

セブ島で訪れた学校での気づき、ローカルの方々のリアルな暮らしを目にして感じたことを振り返りたいと思います。

 

セブ島の子どもたちと心通わせた時間

セブの子供たち

最初の2日間は、NCLAという学校に行き、生徒たちと遊んだり一緒に授業を受けました。

 

初日は不安ばかりだったけれど、勇気を出してお昼休み時間に外に出てみると、生徒たちが話しかけに来てくれました。自分のつたない英語でなんとかコミュニケーションをとって、最終的にはみんなで笑いながらお話できました。

 

2日目は、午前中にクラスを回っていくつかの授業に参加させてもらいました。

その中の数学の授業では自分はわかるけれど、それを生徒に説明することができなくて悔しい思いをしましたが、逆にそれを糧にして今後の勉強をしていこうと思えました。

 

セブの子供たち

そして午後にはなんと、わたしたちが授業をしました。
日本語と絵本と折り紙の授業で、わたしは絵本と折り紙担当でした。

 

絵本は日本語と英語の両方で朗読して、真剣に聞いてくれているみんなを見てとても嬉しかったです。

そして出来あがった途端にはしゃぐ姿をみて教えることに喜びを感じました。

 

最後は何度も何度も手を振って別れを惜しみ、短い期間だったけれど親しくなれたことがとても嬉しかったです。

 

セブの語学学校で体験授業

ユメキャンプの体験授業

語学学校で留学体験をしてきました!

1日だけど初めての留学で不安ばかりでした。

グループと個人で計3コマの授業を通して思ったことは、うまく言葉にできなくても言葉にすることが大事ということです。

 

わたし自身英語はとても好きだけど、苦手でうまく話すことはできません。

 

でも、“上手く”話す必要はない、間違えても恥ずかしいことではないのかなと思いました。

もちろんきちんと伝えるためには必要なことだけど、まずはうまく話そうと考え過ぎずに話さないと始まらないということに気づきました!

ここの授業では、なかなか言葉にできなくても、私が言い終えるまで待ってくださって、言い終えて、先生が理解できたとき正しい文法や表現を教えてくれました。

そして改めて英語って難しくて、だからこそいろんな発見があって、楽しいと思いました!!

 

最終日はセブのリアルを体感

午前中はショッピングモールでちょっとしたゲームをしました。

 

お題に沿って写真やビデオをとるというもので、2人または3人で1組となり、アヤラモールに訪れている人々にひたすら話しかけました。

 

学校とは違って、老若男女問わずまったく知らない人に話しかけるため勇気が必要でしたが、1回話しかけてしまえば以降は臆することなく話しかけることができました!

 

 

協力してもらった後もしばらくお話したり、写真を撮ったり、SNSで繋がったりできて、とても楽しめました!!

 

 

午後からは、スラム街を訪れフィリピン、セブ島の現状を目の当たりにしまた。

1番初めに目にしたのは、路上に人が集まっていて、ドイツ人の歯医者さんたちがボランティアで治療しているところでした。

 

 

歯の治療でボランティアの方々が訪れるということは、何かの病気にかかったとしてもボランティアの方々が来なければ発病したことすらも気づかない可能性があるということです。大げさかもしれないけれどス、ラム街の方々は毎日が生死の戦いなのではないかと感じました。

 

その後、スラム街の中のほうへ入り、通り道は狭く、日も明かり程度で当たるくらいの場所で、橋から見た川は多くのごみが浮き、臭いもひどくて驚きました。

 

  • 真っ黒な爪をした子供
  • 薄暗い場所で洗濯物を手洗いしている女性
  • 痙攣を起こして動けなくなっている犬

 

この場所では当たり前の光景ですが、日本で育った私たちからすれば恐れるような光景です。

 

そんな中、歩いて回る私たちにそこに住む人々は笑顔で手を振り挨拶をしてくれました。

彼らは何を思って生きているのか、彼らの見る風景はいったいどんなものなのか気になりなりましたが、彼らは彼らの環境の中で幸せを感じていました。

生きるとはすごく大変なことだけど、幸せは誰しも平等に感じることができるものであることに形容しがたい感動を覚えました。

 

価値観が広がった素敵な出会いに感謝

YUME CAMP参加の大学生

最後に、一緒にYUME CAMPに参加したメンバーとの出会いに感謝の気持ちを伝えたいです。

 

 

年齢も生い立ちも異なるメンバーで、もちろん価値観も考え方も異なります。

 

しかし、事前に公表されている活動内容をみて参加したメンバーということあり、その日に体験したことについて深く話し合うことができました。

これは、この件に目的や興味を持たない人と話しても何も変わらないけれど、同じものを持つYUME CAMPのメンバーだからこそできたことだと思います。

 

留学をしたこと、スラム街を訪れたことについて意見交換して、自分と違う視点で捉えられた意見はとても興味深く、新しい考えを見い出せたことがこの場所でしか得られなかった財産の一つだと感じました。

 

あなたもYUME CAMPに参加して貴重な体験と素敵な仲間に出会いませんか?

Recommend

こちらの記事もおすすめ

留学・ワーホリ相談 / 英会話レッスン相談 /
カウンセリング予約 / 体験レッスン予約
はこちらから
Contact
お問い合わせ
ご予約・ご相談はLINEまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
留学プランナー、英語講師よりお返事いたします。今悩んでることや質問も気軽にご相談くださいね◎

\ 手軽でおすすめ /

ボタンから友達追加できない場合は
ID検索をしてください

LINE ID:@creativeenglish

お問い合わせフォームから予約・相談する