自己紹介 – プランナー Noriko


改めまして…はじめまして、プランナーの Noriko です🤗足から入ってすみません。ちょっと長くなりますが、自己紹介ブログです。

 

経歴 & 初めてのバンクーバー🌸

日本ではプログラマーを少しだけかじったあと、Web とスマホアプリのディレクターをしていましたが、あるときお気に入りの海外アプリを見つけて「あれ、わたしあと英語できれば海外の会社にも応募できるんじゃないか…?」と思ったことをきっかけに海外に興味を持ちました。(若き日の自分への過信がこわい…)

その当時は2011年、思い立ったわたしは大型連休を利用してカナダのバンクーバーに1週間の語学留学をしました。このときの英語レベルは “Hello”, “Thank you” しか言えないレベルなので、今思うとよく行ったし、もったいなかったなと思います。友達に勧められるままカナダを選び、留学エージェントも紹介してもらい、言われるがまま学校を決め、航空券を手配し、確か30万くらいかかりました。

入学時にクラス分けのためのレベルテストがあり、確か私のレベルは8あるうちの下から3つ目。日本人がいないクラスでしたが「1週間しかいない」と言うと、みんなに「えー!?」と言われていました。ちなみにこのときに仲良くなった韓国人の友達とはいまだに連絡を取り合っています。

ホームステイはバンクーバーのダウンタウンから電車で20分ほどのマンションに住む、フィリピン人の老夫婦の家。当時のわたしはみんな「フィリピン語を話している」と思っていたほど英語がわかりませんでした。日本で直前にメモしていった「今、シャワーを使ってもいいですか?」「明日はランチいらないです」といった英語の文章を必死で部屋で何回も練習してから部屋を飛び出して、ホストファミリーに話しかけていました。

その頃のバンクーバーはお水を沸かすのに時間がかかり、シャワーは10分で出なさいと言われていて超ハードだったし、ごはんがおいしくないし、言葉は通じないし、今みたいにフリーSIMカードやWifiも一般的ではなかったので、部屋に帰っても誰とも連絡をとることができなくて、いつも泣きそうでした。それでもホストファミリーなりに、親戚に紹介してくれたり、話しかけてくれたりしてありがたかったです。

いろいろな文化の人と触れ合うことの楽しさ、雨は降っていたけれどディープコーブという湖の美しさ、自然の多さ、街のコンパクトさは東京にはない魅力で、とても引き込まれてしまいました。

あとはなんと言っても英語を話せなかった悔しさ…これは、絶対にバンクーバに戻ってきてやる!という1番のモチベーションになりました。英語で挨拶しかできなかったわたしも、1週間経って帰国する頃には「とにかく言葉を発する」という気合だけは入っていたので、その状態で帰る悔しさは、私立の小中高一貫校に通っていたのに小学生のときに成績が悪すぎて「このままではエスカレーター式の中学のあがれない」と先生に言われたときの悔しさと張るものでした。(そのくらい勉強が嫌いでした!)

 

2度目のバンクーバー🇨🇦

そんなこんなで2度目のバンクーバーはワーホリでした。

30歳の頃に担当していた仕事やメンバーが大好きだったので後ろ髪を引かれまくったのですが、ワーホリは待ってくれない…と思い泣く泣く退職し、ワーホリの準備を開始。持って行ったものなどはまた別の機会にご紹介させていただければと思います。

到着した直後からいろいろありましたが、ワーホリでカナダにいた1年はわたしの人生にとってかなり貴重なものとなりました。そのタイミングでカナダ建国150周年だったのもラッキーでした。

このときは前回の反省を活かして、行く前に詰め込みで英語を勉強しました。小論文を書いて面接をすれば入れる短大を選んで入ったわたしにとっては、仕事をしながら1週間に30時間ほど勉強をすることが本当にきつかったのですが、通っていた英語のコーチングスクールのクラスメイトのおかげでなんとか単語帳2冊を覚えられました。そして「やっててよかったー!!!」とカナダに着いてから思えることが多々ありました🤓

 

幼い頃からの夢だったオーロラも見た!

 

バンフも行った!

 

サンフランシスコにも行った!(念願の行きたかったGoogleのイベント)

 

サンフランシスコでワイナリーツアーもした!

 

ポートランドにも行った!

 

シカゴにも行った!(友達が住んでいたので…)

 

最高に楽しい環境でパティシエのバイトができた!

とにかくバイトが毎日楽しくて仕方なかった…

 

なぜ Creative English にいるのか

わたしはワーホリ時代に良い思い出がたくさんあるので、がっかりして帰る友達の話をたまに聞くととても悲しい気持ちになっていました。せっかく海外に勇気を出していくのだから、絶対に満足して帰ってほしい!そう思っています。

そして、本当に渡航前の英語学習は大事…!もうこれだけは強く言えます!!!わたしみたいに英語のことで後悔しないでほしい!!!Creative English の「留学をお手伝いするだけではなく、英語の学習のサポートもしている」ところに深く共感し、ジョインさせていただくことになりました。

 

今後の予定

今後はカナダのカレッジに行く予定で、2019年の夏から準備に向けてフィリピンのバギオの語学学校に通い、そのあとまたバンクーバーへ渡航予定です。なので、留学したいみなさんと同じ気持ちなはず…です!日本に帰ってきてから英語力も落ちているので5月にはTOEICも受けます。

 

フィリピンのバギオも機会があって語学学校をまわらせていただいたので、話を聞いてみたい方はぜひお問い合わせください。メールのハードルが高い〜という場合は、LINE のアカウントもあるので本当にお気軽に相談してください。

そのうちワーホリ時代の話も書いていきますので、よろしくお願いします🧚‍♀️

留学・ワーホリ相談 / 英会話レッスン相談 /
カウンセリング予約 / 体験レッスン予約
はこちらから
Contact
お問い合わせ
ご予約・ご相談はLINEまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
留学プランナー、英語講師よりお返事いたします。今悩んでることや質問も気軽にご相談くださいね◎

\ 手軽でおすすめ /

LINE ID:@creativeenglish

お問い合わせフォームから予約・相談する